( 2019年 7月 )




★★ 今月のごあいさつ ★★

 初夏の日差しが降り注ぎ、あたりは夏景色となりました。梅雨が明けると子どもたちが大好きな夏本番!プール開きを今から心待ちにしています。暑さに負けないよう食事や睡眠に配慮し、夏ならではの遊びを楽しみながら健康に過ごしたいと思います。




★★今月の予定 ★★

                 
1日 (月) 運動あそび(3,4,5歳児)★
2日 (火) プール開き
絵画(5歳児)★ 
3日 (水) もじかずあそび(4,5歳児)★
地域交流保育(なかよしくらぶ) 
4日 (木) 絵画(4歳児)★
5日 (金) 七夕お楽しみ会
8日 (月) 運動あそび(3,4,5歳児)★
音楽リズム(4,5歳児)★
10日 (水) もじかずあそび(4,5歳児)★
地域交流保育(なかよしくらぶ)
11日 (木) 布団乾燥
英語であそぼう(5歳児)★
12日 (金) 交通安全指導(市の交通安全指導員来園)
16日 (火) 絵画(5歳児)★
17日 (水) もじかずあそび(4,5歳児)★
身体測定(3歳未満児)
地域交流保育(なかよしくらぶ)
18日 (木) 身体測定(3歳以上児)
絵画(4歳児)★
19日 (金) 避難訓練
22日 (月) 運動あそび(3,4,5歳児)★
音楽リズム(4,5歳児)★
24日 (水) もじかずあそび(4,5歳児)★
地域交流保育(なかよしくらぶ)
25日 (木) 英語であそぼう(5歳児)★
27日 (土) 夏まつり





★★ すやすや(0歳児) ★★

【 保育目標 】

●  落ち着いた雰囲気の中で欲求を満たし、情緒の安定を図りながら、
   一人一人の豊かな個性を育み、信頼関係、愛着関係を育てる

●  個人差に留意しながら離乳の完了や歩行、発議への意欲を育む

●  保健的安全な環境の中で伸び伸びと遊び、いろいろな体験を重ねて、
   感覚の発達を豊かにし、身の回りの物事へ興味、関心がもてるようにする


< 月のねらい >

・ 一人ひとりの様子に合わせ、食事や睡眠を十分にとり、安心して過ごす

・ 気温や体調に留意し、温水あそびを楽しむ


★★ てくてく( 1歳児 ) ★★

【 保育目標 】

●  安心できる保育士との関係を築きながら、安全な環境の下で生活や遊びを
  十分楽しむ

● 探索活動を通して、十分に聞く、見る、触れるなどの経験をし、
   人や周りのものへの関心をもつ

● 感じたことや身の回りの様々な体験を保育士に伝えようとしたり、
   簡単な言葉の模倣を楽しむ


< 月のねらい >

・ 一人ひとりの様子に合わせて休息をとったり、水分補給をしながらゆっくりと過ごす

・ 体調に十分留意しながら温水あそびを楽しむ 


★★ うさぎ( 2歳児 ) ★★

【 保育目標 】

●  基本的生活習慣の基礎が身につき、少しずつ自信につなげていく

● 生活や遊びを通して、やりたいと思う気持ちを育み、言葉を使って伝えたり、言葉のやりとりを楽しむ


< 月のねらい >

・ 一人ひとりのペースで着脱や排泄など身の回りのことを自分でしようとする

・ 水の冷たさや気持ち良さを感じながら保育者や友だちと水遊びを楽しむ

  


★★ たんぽぽ( 3歳児 ) ★★

【 保育目標 】

●  基本的生活習慣の自立を育てる

●  安全な環境の中で、主体的に遊び、心身共に健やかに生活する

●  安集団生活の中で人との関わりやコミュニケーション力を育てる


< 月のねらい >

・ 約束事を覚えながらプール遊びや水あそびを楽しみ涼しく過ごす

・ 七夕お楽しみ会や夏まつりなど夏ならではの行事に喜んで参加する


★★ ひまわり( 4歳児 ) ★★

【 保育目標 】

●  集団的、協同的遊びを通して、友達の気持ちにも気づき、協力し合う力を養う

●  生活や遊びの中で様々なものに関わり、発見や工夫を楽しみ、その中で自分の力を発揮していく


< 月のねらい >

・ 夏の生活の仕方を知り、自らしようとしたり、プール遊びを行い、気持ちよく過ごす

・ 七夕お楽しみ会や夏まつりなどの行事に期待を膨らませて参加を楽しむ

 

★★ さくら( 5歳児 ) ★★

【 保育目標 】

●  できることを増やしながら、生活習慣や態度を身につける

●  身の回りの事象に触れ、ものの性質や数量、文字などに対する知的好奇心や探求心を高める

●  友達と共に意欲的、主体的に行動し、充実感を味わう

●  様々な体験を通して豊かな心を育み、就学への意欲を高める


< 月のねらい >

・ 夏の生活の仕方を身につけ、身の回りのことを自分でしようとしたり、健康に留意しながら過ごす

・ 七夕お楽しみ会や夏まつりなど夏ならではの行事に期待を持って参加する





COPYRIGHT(C)2004 Hironodai Hoikuen ALL RIGHTS RESERVED